キッチンのステンレスシンクは『ピカール』で磨くと鏡面仕上げのようになるのか!?

4.私のおススメをススメる

 

以前から気になっていたキッチンのステンレスシンクの中。

うす曇りのくすみ肌(私のことではないですよ!)

 

「コンパウンドだったらあるよ」
と主人が持ってきてくれたクリームをシンクに塗り付けたところで、、、

これって、フローリング用の固形ワックス・・・

 

は、これは!?
まさか、わざとか!?

 

私の声なき怒りの叫びに気が付いたのか
「ピカールが実家にあるからさ、持って来るよ」

 

うむ。。。

 

 

《私のやりたい100のこと》
4.私のおススメをススメる 
キッチンのステンレスシンクは『ピカール』で磨くと鏡面仕上げのようになるのか!?

 

■準備するモノ

 

 

 ・ピカール

乳液状の金属磨きです。

布のウエスに付けて磨くとピカピカになります。

 

 

 ・クリームクレンザー

これは皆さんご存知の最強アイテム。クリームクレンザー

これで、浴槽のエンボスの床が黒くなっても、ブラシでゴシゴシすると、嘘のようにキレイになります。

黙々と自分の世界に入りたい時は、これでお風呂の床掃除です・・・

 

 ・スポンジ

 

 

コストコで購入したスポンジ。

お茶碗をやさしく洗うコトも出来るし、こびりついて乾いたご飯なんかも、落としやすいので、もうネットに入った安いスポンジは使えません。

食器用も、流しの中を洗うのも、家中このスポンジで使い分けをしてます♡ 
同じなので間違えないようにしないとね。

 

1個がとても長持ちするので、この14個入りで2年くらいは持ちますwww
(いやいや、本当ですよ)

 

 ・ウエス

使わなくなったタオルなどを切って使っているウエス。

市販の〇〇シートとかを使うより、このウエスがキレイになるし、使い過ぎも気にならないのでいい感じです。

 

■磨く前にでクリームクレンザーでお掃除

ピカール研磨剤 です。

ケンマ(研磨)ということは、相当ゴシゴシします。

と、いうことは、かなり疲れます。

 

できれば、クリームクレンザーで擦っただけで、ピカピカになっていただきたい。

 

 

さっそく、クリームクレンザーで擦っていきます。

丸洗いです。気持ちがいい!

 

 

水で流しますね。

 

 

乾いたウエスで水分を拭き上げて、ステンレスの様子を見てみます。

 

 

キレイになりました。

 

 

思わず、手触りを確認したくなりました。全然触れるけど。んーーーー。

 

 

分かりますか?うっすらと膜がかかったような、、、水アカなのかな?

相当丁寧にクリームクレンザーで擦ったつもりですが、おそらく限界ですね。

 

 

今回の検証は(”検証” だったっけ?)
キッチンのステンレスシンクは『ピカール』で磨くと鏡面仕上げのようになるのか!? 
です。

 

やはり、ピカールの出番のようです。

 

■ピカールで磨く

クリームクレンザーで擦って水で洗い流し、からぶきした状態がこちらです。

ま、キレイですけど、光ってはないですね。

 

ピカールを使う前に、流しの水をウエスで良く拭き上げ、乾燥させておきましょう。

 

 

では、ピカールを使って磨いていきます。

 

 

中身は乳液状態なので、使う前に缶ごとよく振ります。

ウエスに付けてから、塗布していきます。

 

 

擦ります。

 

 

3分ほど擦った後で、乾いた新しいウエスでカラ拭きをしてみます(少しでも結果が欲しい!)

 

 

www そんなに簡単に結果はでません www

 

が、しかし。

ここで手が若干止まります。

「黄緑の手袋が、キレイに映っていないかい?」

 

 

思わず、手を移そうとしちゃったりして・・・

まだですね ( ;∀;)~*

 

 

でも、なんとなく希望が見えてきた気がします。

(結構、完璧主義者なので、結果が出ないと続けるのに飽きるんです・・・)

 

でも、もっと磨けば、もっと何かが映り込むほどキレイになるかもしれない!

人差し指が折れそうになるくらい、ゴシゴシ、ゴシゴシ、ゴシゴシ、ゴシゴシ・・・

 

 

もう、ウエスにピカールを取って・・・なんてやりません。

ドーーーーー、です。

 

 

段々分かってきました。

ただ、力を入れ擦ってもたいして効果は出ない・・・

 

まるで、カンナ削りの職人のように、同じところを均一にゴシゴシと・・・

無心になって、同じペースで・・・

 

なかなか取れない、水アカのような薄い、でも絶対にあって気持ちのわるいヤツが、

 

 

少しですけど、確実に落ちています!!!

 

 

フチに溜まった長年の汚れも・・・

 

 

ほら!!!

ここは、ツルリン綺麗になりました!

 

 

もう、これ以上擦っても、こんな感じ、、、と、体力の限界(筋肉痛確定)です。

全体を乾いたウエスで良く拭き上げます。

 

どんな感じかな。水を流してみます。

 

 

おおーーーー! 見る見る つーーーーーーっと、水が流れていきます!

 

 

■Before & After

残念なキッチンシンクの状態

ちょっここには直接手を付けたくない感じです。。。

 

黄色のスポンジも、壁に映り込んでいないしね。

 

 

クリームクレンザーで洗ってカラ拭きした状態。

まあ、キレイです。

でも、スポンジを吸盤で付けていた跡や、全体的なくぐもった感じがしています。

 

 

ピカールで約2時間ほど磨き続けた状態

蛇口が平な面にけっこうしっかりと映り込んでいますね!

黄色のスポンジもちゃんと映ってる♡

 

 

■ピカールを使う時の注意

換気

ピカールは、研磨剤に灯油と乳化剤を混ぜたモノ です。

使用するとニオイがありますから、窓を開けるなどの換気をしてください。

 

マスクやメガネ

必須ではないと思いますが、デリケートな方は準備をされると良いと思います。

ピカール液は乳液状なので、通常に使用すれば目に飛んだりする⚠危険はりませんが、灯油系の刺激が気になる場合は、メガネやマスクは有効です。

 

手袋

私は冬場は指先が荒れがちなので、手袋は必須です。

でも、夏場だったら手袋はいらないかな・・・くらいに思っていましたが、研磨したステンレスの汚れが、指先や爪に入るので『準備するモノ』には記載しませんでしたが、手袋の準備も必須と思います。

 

 

■おまけ ピカール兄弟

ピカールには他の種類もあります。

 

ピカール ケアー

歯磨き粉のようなペースト状です。

 

ピカール ネリ

ワックス状のピカールです。

パッケージがレトロ風で可愛いです。それだけで欲しい!

 

『液状タイプでは落ちにくいがんこな汚れ落とし用です』とあるので、ピカール液よりも強力みたいです!

ぜひ使ってみたいです。

 

ピカール クロス

クロスに研磨剤が付いているので、これで擦ればピカピカになります。

小さなアクセサリーなどは、このクロスがあれば、色が変わってしまったシルバーのリングも、すぐにピカピカになりますよ。

 

■まとめ

 

 

キッチンのステンレスシンクは『ピカール』で磨くと鏡面仕上げのようになるのか!?

は、

そもそもの状態が鏡面仕上げではないと思うので、鏡のようにはならない。

でしょうね・・・

 

 

でも、これだけキレイになったので、大満足です👏

 

ピカールを使用する際の注意を書きましたが、実は動画を撮りながらやっていたので、部屋の窓は開けていましたが、キッチンの換気扇を付けていませんでした(音が入ってしまうので)

すると、帰宅してきた息子が「何やってる!?」

ピカールのニオイが、薬剤を混ぜた時のニオイのように思ったそうです。

 

私はこのところ頭痛や耳鳴りがするのですが、作業中はまったく問題なかったです。

ですが、息子に怒られたように、換気はしっかりするべきでした・・・反省・・・

 

 

本来、光っているものは、ピカピカにしているほうが、開運を呼ぶそうです。

車、鏡、髪の毛、爪、床、靴、などなど。

 

せっかくなので、普通にキレイにするよりも、開運ゲット!

「お掃除の神様! ご褒美をお待ちしております」

なんちゃって。

 

 

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました
👋 sachi 👋

 

 

《整理収納》冷蔵庫の大掃除します|sasa sachi 整理収納・快適な住空間 // じぶんらしい暮らし じぶんらしい生き方|note
\\ 冷蔵庫の整理収納 // 冷蔵庫の掃除って、年に何回やりますか? 冷蔵庫は意外と汚れています。 我が家の冷蔵庫お掃除方法のご紹介です。 ■冷蔵庫のお掃除のススメ 《整理収納 index》疑問・質問・あるある の中で、「モノが捨てられません」を書きました。 モノが捨てられ...
《整理収納》びっくり便利なキッチンのアイデア|sasa sachi 整理収納・快適な住空間 // じぶんらしい暮らし じぶんらしい生き方|note
\\キッチンの整理収納 // この方法を我が家のキッチンに採用してずいぶん経ちますが、やっぱり便利ですwww こんど引越ししたとしても、これは使いたい、と思える便利アイデアなのでご紹介します! ■キッチンの照明BOXをフル活用 我が家はマンションです。 特別な内装をしていない限り、シス...
https://note.com/sasadw_sachi/n/n7de599ad664c?magazine_key=m6ae52a903d97