築40年の家の片付け動画をYouTubeにアップしてみたらこうなりました

51.築40年の家のDIY状況をvlogにする

 

築40年の家の動画を YouTubeに投稿してみました。

そうしたら、こんなことになってました・・・

 

《私のやりたい100のこと》
51.築40年の家のDIY状況をvlogにする 
築40年の家の片付け動画をYouTubeにアップしてみたらこうなりました

 

■2年間も待った家が 突然返って来ました

2年間も待っていた実家が、突然返ってきました。

待ちに待ったのだから、喜ぶべきだったのですが・・・

『破壊とゴミの家』でした。

 

まだ、ほんのり寒い3月のはじめです。

 

相続の裁判 は終わっていませんでしたが、逆に、遺留分減殺請求 の支払いが完了する4月末までは、弟は私に危害を加えないだろう!

だって、そんなことをしたら、私、お金払いませんから。

となったら、今のうちにどんどん作業を進めておこう! と思いました。

 

でも家の中は、お仏壇をはじめ、あちこちが破壊されていて、布団なども部屋に引っ張り出され、なによりも、家中にネコトイレがばらまかれていて、とっても不衛生。

ダニの恐怖も・・・

 

そんななので、簡単に電気の契約をすることが出来ず、、、

って「生活してもいないのに、電気・ガス・水道 を契約するのか!?」

 

そもそも、電気関係の破壊行為 が見られたので、電気屋さんに確認してもらうまでは、怖くて通電することが出来ません。

 

その、電気屋さんを呼ぶまえに、

人の歩ける状態にする

のと

コンセントが確認できる状態にする

をしないと!

やれやれ・・

 

■じぶんのための記録と 孤独防止のため 

動画を撮り始めたのは、鍵が返された当日に片付けを始めた、その翌日からです。

そんな理由で、恐らく弟は私を傷つけないだろう、と思っても、いままで何がどうなってこうなったのか!?ということがありすぎて、懐疑心いっぱい・・・

 

新しく替えた玄関の鍵をかけて、防犯カメラを付けて、家の中で作業をしていても、

いつ弟が現れるだろうか

という恐怖と、

何かあったら、私や家族を守る証拠になるかも

という思いと・・・

 

電気が通っていないし、wifiが無いので、スマホで音楽を聴くことも出来ない。

話相手もいない。

 

No MUSIC

No TALK

 

なんだか腐りそうな気持になりだしたところで、

そうだ!動画を撮ろう。

 

整理収納をするときは、動画を撮ったりするので、その流れで動画を撮り始めました。

撮っている最中は、じぶんで実況中継をしながら作業をするんです。

もちろん、口には出さず、脳内実況中継 です!

 

それを始めたら、怖いことも、孤独なことも、感じなくなって元気が出てきたんです。

 

■『動画をアップすれば?』

「そんなことで、動画を撮っているんだよ」

娘に話をしたところ、

 

「その動画を YouTube にアップすれば?
 お母さんには得意だから普通に出来ることでも、それが苦手な人もいるんだよ。
 誰かの参考になって喜んでもらえるかもしれないよ」

 

え? YouTube?

私は ハードYouTube ウォッチャー ですけどね。

 

私は Instagram を始めて、大好きになったけど全く知識の無かった Jeep ラングラー のことについて、すでにラングラーをお持ちのオーナーさんたちから、たくさんの情報をいただきました。

まったく見ず知らずの私が投げた疑問に答えてくださったり、コメントをくださったり。

本当にうれしくて。

娘の言った「誰かの参考になる」という言葉が、私の心に響きました・・・

 

それと、最大の決め手が、義母様が動画を見て喜んでくれた から。

私が大きな金木犀を “伐根” して、倒した木の上に乗っかった短い動画を、本日の報告として主人に送ったら、それを義母様に見せたらしいのです。

後日、義母様に会ったとき「あんたねえ♡ 面白くて笑っちゃったわよ!」

 

あ、お母さんが喜んでくれるなら、動画作ろ。

 

そんな簡単な気持ちでした。

 

■動画の編集は どうすればいいですか?YouTube先生?

 

動画の編集などやったことがありません。

娘が以前、スマホで作ったことがある動画編集アプリをPC版で使ってみることにしました。

 

でも早々に使いこなせなくなって、あとは YouTube先生におススメの動画編集ソフトを教えていただき、使い方ももちろん 多数のYouTube先生から教えていただきました(笑)

 

私の記憶に間違いがなければ・・・

プロテニスプレイヤーの大阪なおみちゃん(大好き♡応援してる!)のコーチは、当初はお父様でした。

お父様は、テニスをやったコトがありません。

どうやって、なおみちゃんへ教えているのか・・・

「YouTube を見て」

インタビュアーが、お父様へインタビューをして出てきた言葉です。

スタジオのMCも「ええーー!」と言っていました。

 

いまや、YouTubeにはその道のプロの方や、素人の方の成功失敗談など、参考になるモノがとても多いです。

そうでは無いモノもありますが、それは要選択ということで、YouTube は私にとっては心強い味方です!

 

■初めての投稿は YouTube先生のサービスでTopに出やすいらしい

YouTube先生でいろいろ調べていくと、いろいろな情報が出てくるわけです。

どうやら・・・

『最初の投稿は、YouTubeは優しいので、Topに取り上げてくれるらしい』

 

まったく何の期待もしませんが、せっかく上位にアップされがちならば、2本投稿しておくか、そんな感じ。

これって、本当に上位に表示をしてくれるんでしょうか???

そんなことの調べ方も分かりません ( ;∀;)

でもね、可能性があることは、とりあえずやっておく。

 

■YouTube にコメントが!

とりあえず、2本の動画を上げたところで、YouTubeから「コメントがある」的なメッセージが・・・?

はい?コメントって、なんですか?

私の動画に、コメントをくださった方がいたしたんです!

 

と、いうことは、

\ 見てくれた人がいる /

 

!!! (≧∇≦) !!!

嬉しい!

 

一生懸命作りました。

モノ作りが大好きな私としては、決して 適当に作る とか 妥協する とかはしたくない。

私が ♡好き♡ と思える方の動画を拝見し、参考にしたり、子ども達の意見を聞いたり。

 

■動画の作り方を指摘するコメントだった

「あああーーーー。メッセージが来た!どうすればいい!?」

そのメッセージは 片付け編#1 でした。2本目の動画です。

 

ちょっと生々しい “破壊とゴミ” の様子だったので、私の備忘録に・・・くらいのノリで、サラサラと早く回していたんです。そうしたら・・・

 

「画面がチカチカして見にくいです。字幕が読みたいのに早くて読めない」
*もっと丁寧なお言葉で書いていただきました!

 

物凄いドキドキしました!

これって、誹謗中傷!?

( ;∀;)・・・ もちろん違います!

 

こんな動画を見て、読んで、理解しようとしてくれているんだ!

 

猛省でした・・・

どうせ誰も見ない・じぶんの記録として・・・

無責任だったと猛省です。

全然 一生懸命じゃないじゃない! と気が付いてしまって。思い当たるフシがあったからですね。

 

ああ、もっとちゃんとじぶんが納得する動画を作ろう!

そのほうが私も楽しいし、見てくださる方も、また次を見てくださるかも♡

 

■YouTube に動画をアップするにあたり 子ども達からの諸注意

息子は高校生の時、友人たちと動画を作って YouTube にアップしていたことがありました。

親に知らせることもなく、遊びの延長でのことだったようですが、ある時、UUUM(ヒカキンさんや、はじめしゃちょーさんが所属する事務所)から、どこかで開催されるパーティに息子たちが招待されたとか!

なんで!?

おそらく、面白そうなことをやっているチャンネルの人達を招待して「新人発見」のような催しだったようです。

そこで、息子が「これに出席しても大丈夫かな?」と私に相談したことで、息子たちの動画が私に見られることになったんですけどね ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

相手は大手企業です。(そう言えるよね?)

参加は招待なので、お金を徴収されることも無いとのこと。

 

「だったら、ぜひ参加してごらん。いろいろな方に出会えると思うよ。そこで、どんな人が何を言うのか、よく聞いてくると良いよ。少なくとも、おいしいモノはその場で食べられそうだし、それだけでもいいんじゃない?」

 

結局、息子と友人たちは、その催しには出席しませんでした。

息子たちは 、ユーチューバーになる気が全く無かったことと、友人間の仲たがいの原因になるから、と言って収益化をしていなかったので、その場に参加する魅力を感じなかったそうです。

「〇〇〇が寝坊したらか、いいか、ってことになった」

実に彼ららしい ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

そんな YouTube 動画アップの先輩である息子と、イマドキ女子の娘からのアドバイスは

 

  • 嫌なコメントや低評価はされてあたりまえ
  • それを趣味(専門職)としている人がいるので一切気にしないこと
  • じぶんにとって嬉しいコメントだけに反応すればいい
  • コメントの返信はマスト(ノルマ)ではないことを忘れるな
  • 楽しくやりなさい

 

あなたたち(娘と息子)は、私のお父さんですか!? みたいなアドバイスでした。

 

SNSでのトラブルは良く聞く話です。

私の Instagram を見てくださる方々は、本当に素晴らしい大人の方々で、ウィットに富んだやり取りが最高に楽しいのです。

でも、それってとても恵まれているわけで、YouTube はまた違う世界なのかもしれませんよね。

私としても、真摯に向き合わなければ、と思いました。

 

登録者数 これって合ってますか?

1本目のすぐあとに、2本目を投稿して、あらら、3本目も作れた・・・

動画ソフトに慣れてきたんです。

 

相変わらず、YouTube のチャンネルサイトの使い方がよく分かっていません ( ;∀;)~

でも、投稿者数が?

なんだか変なんですけど?

 

私はメモ魔・・・というよりも、やったコトをまた出来なくなるタイプ(特にパソコン世界については)なので、なんでも記録をとるようにしているんです。

 

このサイトはXserver と契約して WordPress の cocoon というテンプレートと使って、全部自分で作りました。

奇跡的です。

1週間で作れました♡

でも絶対に全部分からなくなっちゃう!

なので、その作り方を全部、このサイトに記録しました。

 

7.苦手なことをやってみる
デジタルやメカニックやガジェットなど、興味はあるし使いこなせるようになりたいのに、全く頭に入ってこないし言語が理解できない、という苦手なジャンルをやってみます。

 

これって、

《私のやりたい100のこと》7.苦手なことをやってみる

なんです。

なので、その成果をしっかりとこのサイトに記録しなくちゃね。

 

YouTube は複雑ではないので、作った動画をアップすれば良いのですが、

どの動画が、どれだけ見られて、投稿者がどんな風に変化していくのか・・・

 

そんな感じで、5本目の動画をアップしたところで、

\ 動画のフォルダーが消滅しました /

 

作業の元データは無事でした。

作成し終わった動画データと、投稿初期からの記録が すっ飛び ました。

 

原因は謎です。

息子にサルベージをしてもらいましたが、どこにも無い!

いいです。アップした後のモノですから。

記録は、数日のモノです。

これから先がありますから・・・

 

そんなこんなで、ドタバタして2週間が過ぎたころ、

2220人登録?

それから 4日経った今日は

33270人登録

 

■ありがとうございます 嬉しいです

SNS は、登録者数 や、いいね の数を競うものではないですよね。

いまは、それらを見えなくしてしまう動きもあるくらいだし。

私は単純に 嬉しかった です。

コメントもたくさんいただいて!

ほとんどが応援のコメントですが、中には 同じ経験をした とか、いままさにやっている最中 とか。

「じぶんも頑張るから、頑張ってくださいね!」というお声もありました。

 

皆さんそれぞれに事情があって、似ているけど違っていて、でも嬉しくなったり、頑張ろうと思ったり、力をもらったり、応援したり、励まされたり。

私のやっていることが、もしも誰かの参考になったり、スッキリしたり、笑っていただけたなら、それは本当に素敵で嬉しいことです。

 

私の直近3年間は、ものすごくたくさんのことがありました。

家が返ってくるまでの2年間も、弟に感謝をするくらい、多くのコトに出会って今の私がいます。

 

ありがとうごさいます。

とっても幸せです。

 

あ、ほんの小さな出来事にも「幸せだな~、嬉しいな~」と言っていると『幸運のクセ』が付くそうです!

「幸せ~とアホみたいに言っていると、アホみたいなビッグな幸せがやって来る」

らしいです・・・お口が悪くて失礼。分かりやすいので・・・

 

 

《私のやりたい100のこと》
51.築40年の家のDIY状況をvlogにする

投稿数 7本 
登録者 3280人

じぶん整理 ie_to_kurashi
ご覧いただきましてありがとうございます。 じぶん整理 sachi と申します。 ● 事の成り行き ● 2年前に他界した母が最期に帰りたかったのに帰れなかった「お父さんと守ってきた大事な家」 母は『財産全てを次女に』という遺言書を書いていました。 私がその "次女" です。 遺言書に名前を書かれないには理由がありま...

 

 

私が動画を通じて、お伝えしたいことは、まだまだ先にあるのです。

それがどんなことなのか・・・

どうぞ、引き続きをご覧いただけたら嬉しいです!

 

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました
sachi👋