#82【築40年の家】キッチン吊戸棚の解体 1人で出来るの!?

ie_to_kurashi

 

こんにちは sachi です。

本日は キッチンの吊戸棚 の 解体です。

 

とっても嫌だったんです・・・

見上げたところの解体は、予期しないものが落ちてくるかもしれないし、

ホコリが目に入るし、

重さを 私一人で 支えられるものだかどうだか・・・

でも、リノベ屋さんの見積書には『解体』は含まれていません。

少しでも安上りにするために「私がやる!」ってことになりましたので。

文句ばかり言っていないで、はじめます。

 

家と 暮らし
ie_to_kurashi
#82 【築40年の家】キッチン吊戸棚の解体 一人で出来るの!?

 

キッチン吊戸棚は『物置状態』?

どこのご家庭にも(きっと)あるキッチンの 吊戸棚。

私の自宅にもありますが、これが、結構『物置状態』ではないですか?

 

*私の自宅の吊戸棚整理動画は ☟こちら

#49 【築40年の家】\自宅キッチン/タッパー全捨てして吊戸棚を整理収納

#49 【築40年の家】\自宅キッチン/タッパー全捨てして吊戸棚を整理収納

 

さて

この家の、キッチン吊戸棚は、間違いなく『物置状態』でした。

 

 

これでも、母がまだ元気だったころ、私と一緒に 片付け をした状態です。

しかし、ご想像どおり「これも、使うかもしれないから」「まだ使えるから」

 

戦中戦後をギリギリ知っている年齢の、母世代には、モノを捨てる習慣 が無かったんですね。

その後、日本の景気回復で  “安いモノを山ほど買う” 時代が来て “バブル” が来て

母の世代は、本当に 激動の時代 だったと思います。

 

そんな キッチン吊戸棚 の中身の片付けは、こちらの動画でアップしました。

#18【築40年の家】タッパー全捨て! この棚の中 使うモノはどれだけある? 

#18【築40年の家】タッパー全捨て! この棚の中 使うモノはどれだけある?

 

解体するのはこれ

 

古いくせに、なんだかとても丈夫で、どこから解体すれば 良いのやら・・・ という感じ。

 

 

古いからこそ “ビス”ではなく “クギ”だったりするので、扱いにくい!

 

覗き込んでも、それらしき 突破口が見当たらない・・・

きっと、いまの製品だったら、奥の端っこに、分かりやすくビス止めがしてあって、そこから取り付けも、解体もするようになっているはずなんですが、昔のモノは、おきて破り?

 

まずは扉から

⚠準備が悪いために、ハンドドライバーを使っております⚠

 

まったく、電動ドライバーのバッテリーを、充分に入れておけ! という感じですが、昨日充電したばかりなんですが、なぜか

ドル・ル・ル・・・

息子から借りている RYOBI の電動ドリルは、どうやらバッテリーがもう古い?

 

「これからビスをたくさん打つなら、インパクトがいいよ」 

 

電動ドライバー インパクトドライバー どう違うの?

電動ドライバー と インパクトドライバー の違いが良く分からないのですが(笑)

こんな感じでしょうか

 

電動ドライバー ➡ 繊細な作業 / パワーは落ちる / DIY初心者向け

 

インパクトドライバー ➡ パワーがある / 建築現場などはこっち / パワーに負けない人向け

 

これから、壁を造ったりするので、やっぱり インパクトドライバー は必要になると思います。

ってことは、私の腕が、マキタに耐えられるようにしないと! ・・・ですね。

頑張ろう♡

 

小さな戸棚から・・・

クギ2つ?

 

いきなり大きな戸棚は少し怖いので、小さな戸棚からやっていきます。

ここに、2つのクギを発見!

右端のクギは意味が分かりませんけど(笑)、真ん中の 1個のクギ だけで、この棚を支えているのでしょうか???

 

 

どうやら、この上に、乗っかっている感じです。

 

 

クギがあるなら、それを抜けば良いのですが、ビスではなく、クギなので、バッチリ背板の中に、クギ頭が埋まっている・・・(当たり前の仕上がりです♪)

仕方が無いので、ノミ で、クギ頭の周りの壁を削ります!

これで、釘抜に引っかかるようにして・・・

 

 

クギが抜けたところで、びくともせず・・・

 

となったら 切る

 

 

3カ所を切ったので、あとはこうですね( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

 

あとは、すき間を見つけて(すき間が無くてもねじ込みますが/笑)バールをグリグリと・・・

 

 

すると、ネジネジと手前に動いて来ました! 良い感じです。

両方の枠を持って、引っ張ってみたら・・・

 

 

 

なんだか、地味なフェードアウトとなりました・・・

いやいや、私にとっては良かったです♡

やっと取れた!

 

いよいよ 本丸!

 

小さな棚で、学びましたので、ここは迷わず 2ヶ所をカット!

 

 

もう、ここら辺は、スムーズです♡

 

 

また クギ なので、ノミで回りの壁を削ります!

 

 

抜けました!

次は、いよいよ上のクギ。

 

 

やっぱり、ここもクギの周りの壁を削ります。

このクギさえ抜けば、取れるのかな???

 

危険回避 脳内シミレーションの様子

怪我は、絶対にしないようにしなければならないので、一応、どのように危険を回避するのか、

脳内シミレーションをしたのですが・・・

 

●棚の下に私が入る(上から何かが落ちてくるかも)

●私の横には脚立がいる(棚が重たかったとしても、脚立が変わりに棚を支えてくれる♡)

●脚立から戸棚を床にすべり落とす

 

こんな感じです。

上手くいくでしょうか・・・

 

その時は突然くるのね

 

大きなバールで、クギが抜ける! と思った瞬間・・・

棚が手前に傾きました!

 

一番怖いのが、そのまま下へ落ちてしまうこと。

でも、すぐ下の木枠があるお陰で、下には落ちずに支えられていたんですね。

 

 

ぐわーーーん、という感じです。

!ドカン! ではなくて良かったです♡

 

 

小さいですが、こんな欠片が、すべり落ちてきた!

 

 

あとは動画のとおり、なぜか、そろり~、そろり~、と、脚立をすべり落ちて行きました(笑)

 

 

取り外した棚は、こんなです。

やったー! と喜ぶ間もなく、これらを処分しやすいように、小さくします。

 

降ろした棚の 解体

 

ノコギリを握ったものの・・・

これになりました(笑)

 

 

 

 

KIMO 12v 充電式レシプロソー の出番

この解体した “板” を、処分できるように、45Lゴミ袋サイズにカットします!

もう、手ノコは嫌だなー

・・・ということで、コレの出番です。

 

 

#58 電ノコ デビューしました!KIMO 12V充電式レシプロソー(モデルQM-23201)

#58【築40年の家】 電ノコ デビューしました!KIMO 12V充電式レシプロソー(モデルQM-23201)

 

ここで登場していた 

KIMO 12V充電式レシプロソー(モデルQM-23201)

です。

 

makita マキタはもちろん良いけれど・・・

 

実は、レシプロソーが欲しくて、ホムセンに行って、マキタを見てきました。

 

 

 

 

 

 

 

どれも、良いお品であることは、一目瞭然♡

私の目は♡

 

でも、事前にネット情報を見たとおり、私には高価すぎる・・・

お値段ではなく(それも!)パワーが私には操りきれない。

そして、グリップが、屈強な男の人用に出来ているようで、持ち上げるだけで大変!

 

その点、KIMO 12v 充電式レシプロソー は、お手軽だし、グリップも握りやすい。

初心者には、安心して使えるかと思います。

 

45Lゴミ袋は?

 

6袋でした♪

こうして袋に入れてしまうと、大したことはないですね( ̄ー ̄)ニヤリ

 

嫌だ! と思っていた、キッチンの吊戸棚でしたが、やり始めたら、半日もしないで出来てしまいました。

嫌だ・・・と言っても、やらなければならないですからね~

 

やり終わってしまえば 『意外と、出来ちゃったな・・・』みたいな感じです。

 

次回の解体は?

 

次回は システムキッチンの解体・・・

水は、流れてしまえば分かるし、最悪流れたままにしてくしかないですが、

ガスは、ちょっと怖い!

ガス屋さんへ相談してから、やろうと思います。

 

また、がんばります(#^.^#)

 

 

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました
sachi👋