【片付け編#1】母が最期に帰りたかった家は 破壊とゴミの家 土足のままでゴミ捨てします!!!

片づけ編

 

母が亡くなって2年間。

実家に籠城していた弟が、やっと家を退去することになり、2年ぶりに入った “私の家” は 
『破壊とゴミの家』でした !!!

 

悲しんだり、怒ったりしている暇はありません。

まずは、歩くと「パキパキ、ボキボキ」と音のする 家の中の ゴミ捨て からはじめないと・・・

 

《ie_to_kurashi》
築40年の家【片付け編#1】
母が最期に帰りたかった家は 破壊とゴミの家 土足のままでゴミ捨てします!!!

 

・・・本文の前に・・・

動画を撮った理由

私が家の片づけの様子を動画で撮り始めたのは、YouTube にアップするためではありませんでした。

この家に2年も居座って、やっと出て行った弟がいつふらりと現れて、また挙動不審な行動をして私を傷つけるかもしれない、という恐怖と、

母のこと、父のこと、彼らを捨てたきょうだいのこと、1ヶ月前まで弟がこの家に住んでいたはずなのに、ほぼ全てのモノがこうして “ゴミ” となってしまった事実と、これらを私一人で片づけなければならない現実などを考えると、吐き気がするほど気が滅入ってしまったんです。

でも、この家は私が片づけるしかありません。

 

じぶんでじぶんをどうにか応援するために、そうだ、このスマホで動画を撮って、こんな状況がこんなに綺麗になった、じぶん頑張ったね、と、最後に褒めてあげる記録を撮ろう、そんな気持ちからでした。

 

動画をとることで気持ちが救われた

家の中は、使えるはずのモノがほぼゴミになっています。

1ヵ月前まで弟が生活していたはずの家です。

2年前からこんななのか、この家を引き渡すと決めたときにこうしたのか分かりませんが、とにかくひどい有様。

電気を通したら、どこかでショートするか、もしくは、弟が何かしらの細工をして変なものが繋がれていないかを確認できなければ、怖くて電気の契約すら出来ません。

 

電気・ガス・水道なし。

 

No MUSIC 

No TALK

 

音楽も会話も無い中での作業。

暗くなる前にこの家を出ないと真っ暗になるので、1日の作業も限られます。

それから、車で高速道路を2時間ほどかけて自宅まで帰らないといけません。

 

こんな過酷な状況ですが、動画を撮っている間は、じぶんの頭の中で作業風景を実況をするようになりました。

 

すると

モヤモヤと不安ばかりだった気持ちが紛れていきました。

 

「YouTube にアップしたら?誰かの参考になるかもよ」

こんな気持ちになっちゃうので、じぶんのために動画を撮り始めた、と娘に言ったところ

ママみたいな思いをしている人は他にもいるかもよ。
 ママは整理収納や片付けが得意だから出来るだろうけど、そうでない人もいるんだよ。
 YouTube にアップしたら?
  誰かの参考になるかもよ

・・・誰かの参考になる?

 

私は母に、家の片づけを論理的に説明出来るようになりたくて、整理収納アドバイザーの資格を取りました。

なので、整理収納はもちろん、片付けは得意。

 

娘からそう言われて、昼間は家の片づけをして、夜は時間のある時に動画の編集のやり方を調べて、、、

 

でもね、YouTube なんて、たくさんの人が動画をアップしていて、私なんかの動画を見る人などいないでしょ・・・

だよね。じぶんのために作るんだからいいか。

 

私の動画を見てくださって、コメントもくださって、本当にありがとう!

私なりに、一生懸命に動画を作ってみました。

でも、初めてのことばかりで良く分からない・・・

 

完璧なんて求めなくていいから、とにかく動き出そう!

2年間もどうにもならない毎日の中にいたんだから、もう留まっていないで、どんどん動け。

失敗したらやり直せばいい。

それに、そもそも誰も見ないから・・・そんな心配は不要でしょ。

 

ところが、この2作目で、さっそくコメントをいただきました!

それも、

「画面がチカチカして見にくい」「字幕がもっとゆっくりのほうがいい」

 

何度も、何度も 編集した動画を見直してアップしたものの、私ではチェックしきれない適格なご指摘をいただいて嬉しい!

でも、この動画はこのままにさせてください。
これから良い動画を作れるように勉強していきますね!
そしていつか振り返ったとき「これだけ上手になった!」と言えるようになりたいです。

その日のために、ダメな動画も取っておきたいのです。

 

これからも よろしくお願いいたします

こんな動画を見てくださって、本当にありがとうございます。

励ましのお言葉もいただきました! 嬉しいです。がんばります。

 

いろいろな思いの詰った「実家の片づけ」ではありますが、

『どうせなら、楽しんじゃえ!』

そんな気持ちでやっています。

 

片づけはいたって真剣。

でも、どこか “へっぴり” なのは、私自身の問題なので、どうにもなりませんね・・・

 

私の動画を見て、笑っていただけたら幸いです。

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。

 

▼ 動画でご覧いただけます ▼ 
*前回と同日に作った 2作目の動画です。
コメントでご指摘の “速さ” については次作で工夫させてください!

築40年の家【片付け編#1】母が最期に帰りたかった家は 破壊とゴミの家 土足のままでゴミ捨てします!!!

 

▼こちらからでもご覧いただけます 
https://youtu.be/qeqPKsD3Fqo

 

■2年ぶりに返ってきた家

破壊 と ゴミの家

*動画の字幕が読みにくい、というご指摘がありましたので、こちらでお読みいただけます。

 

 

母が最期に帰りたくても帰れなかった家

 

 

弟が居座っていたからです

 

 

家に帰れないまま ホスピスで母が亡くなって

 

 

2年ぶりに やっと私の元へ家が返ってきました

 

 

母は 「財産の全てを私に」 という遺言書を書きましたが

 

 

それでも財産が欲しい 姉と弟に 現金のほとんどを持って行かれ

 

 

私に残ったのは わずかな現金とこの家

 

 

「家を売れば お金になるじゃん」 姉は簡単に言いましたが

 

 

母は あとの始末と

 

 

この家を守って欲しい と

 

 

全ての財産を私に託したんです

 

 

でもね 欲しがりは 欲しいのね

 

 

でも かれらは両親のお墓も この家の片づけも知らんぷり

 

 

私 どうする?

 

 

この 2年間 ずいぶん悩みました

 

 

私の弁護士に どうしたらいいのかと責め寄ったりもしましたが

 

 

父、母が立て続けに亡くなり

 

 

仲が良かったと思っていた きょうだいも 

 

 

そうでは無い事に気が付きましたが

 

 

気が付いて良かったね 私

 

 

この 2年間で私が出した答えは

 

 

“じぶんらしい暮らし”

 

 

“じぶんらしい生き方”

 

 

周りに 感情を左右されることなく

 

 

“じぶん” をちゃんと生きよう

 

 

その延長線上で 母が喜んでくれるなら

 

 

私はこの家を 

 

 

私が生きている限り

 

 

居心地の良い 最高の家にしようと決めました

 

 

やっと 返ってきた家

 

 

大丈夫 素敵な家にするからね

 

 

片づけ はじめます!

 

ホコリ臭さと、猫の毛とが物凄いので、家の窓、玄関など、開けられところは全て開放しました。

あと、何かあっても、声を上げれば誰かに気づいてもらえるように・・・

 

正直なところ、弟からはいままで何回も警察沙汰を起こされています。

地元の警察に、弟の名前とここの住所を言えば「ああ、、、」と分かるほど、悪い意味でのお馴染みになっていると思います。

それが、思いがけずに、この家の “内見” の時に、鍵を返却してきました。

何かの思惑があるのか?

 

 

そんなビクビクした状態なので、バッグをしたまま作業をはじめました・・・

少し、落ち着け!

 

 

とにかく、全ての場所が不衛生・・・

とりあえず、このテーブルを 『聖域』 となるように、除菌シートで良く拭きます。

 

 

どこから手を付ければ良いモノか・・・

まずは、このキッチンダイニングから。

 

足元に散乱している、選別する必要のない『ゴミ』から片づけます。

“45Lゴミ袋50枚入り” を2袋買ってきました!

どれくらい使うことになるのやら・・・

 

 

全く片づいている手応えがありません・・・

ただ、ゴミを移動しているだけみたい ( ;∀;)~

 

 

お気づきでしょうか?

私の足元・・・

 

 

そう! 土足!

この家では、猫が4匹飼われていました。

この2年間、健康診断も必要な予防接種なども一切していない猫たちです。

 

弁護士からは、猫について、こちらから何かしらの行動をして弟を刺激しないように(その被害が私に起こるかもしれないので!)と言われていたので、こっそりと動物病院に問合せをして知りました。

 

いまは、ボランティアさんが預かってくださっているそうです。

その情報も、偶然知ることになりました。

いずれにしても、猫たちの命も健康状態も、もう心配はないようです。

でも、弟が “所有権” を放棄しないので、里親探しの情報に載せることができず、ボランティアさんにお手数をかけ続けているそうです。

ボランティアさんも、ただではないのです。エサもトイレも、お金がかかるのです。。。

 

動物病院でも言っていましたが、ダニやマダニに気を付けるように、、、と。

なので、リノベーションが完全に終わるまでは、怖くて靴を脱ぐことが出来ません。

土足と手袋、服の上から出来るダニ予防のスプレーと、直接噴射する殺虫剤は手放せません。

 

Before & After

 

実は、家のカギを返された日の午後に、1階の部屋中に散乱していた布団などはだいたい片付けました。

泣きながら片付けていたので、その時の動画はありません・・・

 

今日は、その翌日。

朝から車を飛ばしてやってきました。

また、2時間ほど高速道路を運転して自宅へ帰らなければならないので、その体力を残しておかないと・・・

 

本日はここまで。

少しは進んだでしょうか?

 

 

私の元へ返ってくるのを、2年も待った家です。

大丈夫、素敵な家にするからね。

 

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました
sachi👋

 

 

▼前回の記事はこちら

▼前回の動画はこちら

築40年の家【#starter】財産相続の裁判の結果、2年ぶりに返ってきた私の家 破壊とゴミの家だった!!!