#スマホの無い時代

カオルと 僕と そして今

#5 夜間専用入口 -カオルと 僕と そして今ー

夜明けは近いものの、まだまだ太陽が出てきそうもない暗闇の中、テツオを助手席に乗せて地図を見ながら走り出した。夜間専用入口から薄暗くて人気のない病院の中に入ると、 しばらくして眠そうな先生が現れてテツオは診察室の中に入って行った。